メルカリやラクマで質問したら商品削除に?5つの理由を徹底解説!

買う

メルカリやラクマで商品の質問にコメントしたらなぜか商品が削除されてしまった。それってどうゆうことなの?と不思議に思うことがごく稀ですがありました。

メルカリやラクマなどのフリマアプリでは、商品に関する質問をすることが一般的ですが、時折その質問が商品の削除につながることがあります。では、なぜ質問した瞬間に商品が消えてしまうのでしょうか?この現象について解説します。

削除をされた販売者に直接確認するすべがないので、フリマアプリで販売を長くされているユーザーの方々から聞き取りによると色々な理由があり、可能性からするとおそらく商品を出品し続けることに「不都合」があった。あるいは、あれこれと聞かれるとまずい商品の可能性も否定できないようです。

商品削除の理由ベスト5

それでは、いくつかの理由について以下で詳しく解説していきます。

理由1. 売却済みだった場合

質問を受けた時点で商品が既に他のユーザーに売却されていた場合、出品者はそれを知らせずに削除することがあります。これは、質問に対する返答を避けるためか、あるいは既に売却された商品についての質問を受けるのを避けるためかのどちらかです。

また、他のフリマアプリにも同時に出品していて、そちらで売れてしまったという場合に関しては、実はルール違反になる可能性があります。メルカリでは1つの商品を同時に違うフリマアプリに出品することは禁止されています。

参考ページ:同時出品は違反か否かを解説

理由2. 出品者の都合による削除

出品者が自身の都合で商品を削除することもあります。例えば、価格設定の見直しや商品の状態の再評価など、出品者の判断によるものです。質問を受けたことがきっかけとなり、出品者が商品を再考する場合もあるでしょう。

理由3. 商品がないから慌てて削除

出品してから時間が経過していると、出品物を処分してしまったり、紛失してしまったりすることがあります。ユーザーからコメントがあったことで出品していたことに気付き、慌てて削除した可能性も考えられます。メルカリでは「ずっと出品したままになってしまい、気付いたら商品が手元にない……」なんてことも起こり得るのです。

理由4. 質問されると困る商品だった

商品について細かく質問されて、回答に困ってしまう場合もあるでしょう。例えば、本来出品してはいけない商品(偽物など)のケースが該当します。これは、主にブランド品で起こり得ることです。

理由5. 画像や説明に矛盾があった場合

質問を受けた後、出品者が商品の説明や画像に矛盾があることに気付いた場合、商品の信頼性が損なわれる可能性があります。このような場合、出品者は商品を削除することがあります。

実は筆者も以前、本物かどうか分からない商品に質問をしたことがありました。きちんとした回答があれば購入を考えていたのですが、残念ながら質問をした直後に商品は削除されました。質問の内容が、本物かどうかを判断する重要な内容だったので、出品者が答えられなかったのだろうなと思います。

まとめ

フリマアプリで商品に質問をしたら、時に商品が削除されることがありますが、それにはいくつかの理由が考えられます。出品者にとって都合の悪い商品であったり、質問に対する回答が困難な場合などが挙げられます。しかし、フリマアプリには信頼できる出品者や本物の商品も多く存在しますので、安心して利用してください。

また、ブランド品などの偽物が販売されているケースも個人が販売者であるフリマアプリでは起こり得ます。個人売買で不安を感じる方は宅配買取サービスから欲しい商品を売り買いすることができます。

参考ページ:ネット宅配買取がジャンル別で一目で分かるおすすめサイト

タイトルとURLをコピーしました