売れやすい時間帯を逃さない!メルカリ・ラクマ出品の最適なタイミングとは?

売る

メルカリ・ラクマでの出品は、商品が売れるかどうかを左右する重要な要素の一つとして、出品する時間帯が挙げられます。多くの人がスマホを手に取り、商品を閲覧する時間帯に出品することで、売れやすさが飛躍的に向上します。では、具体的にどのような時間帯が売れやすいのでしょうか?本記事では、メルカリ・ラクマ出品の最適なタイミングについて解説します。

売れやすい時間帯とは?

メルカリ・ラクマでの出品は、単なる商品の掲載ではなく、戦略的なタイミングの選択が求められます。特に、「多くの人がスマホを見る時間帯」が出品の鍵となります。誰もが手軽に利用できるスマートフォンを通じて、24時間いつでも商品が売買されていますが、売れやすい時間帯は確かに存在します。

メルカリ・ラクマで商品が売れる仕組み

売れやすい時間の説明の前に、メルカリやラクマで商品が売れる仕組みを理解することは、売れやすい時間帯を把握する上で不可欠です。なぜなら、売れる仕組みが時間帯と密接に関係しているからです。

出品は新着順で表示されるため、出品した瞬間は上位に表示されますが、他の出品が増えるにつれて下位に追いやられます。メルカリやラクマでは出品が多いため、一瞬で下位に隠れることもあります。

利用者の多くは新着順の上位から商品を見ていくため、下位に表示された商品は見られずに埋もれてしまう可能性が高いのです。その結果、見られる数が少なくなり、売れなくなる傾向があります。

そのため、できるだけ多くのユーザーに商品を見てもらうためには、上位に表示されることが重要です。

メルカリやラクマでのキーワード検索

さらに、キーワード検索を意識して出品することも重要です。メルカリやラクマではキーワード検索が行われるため、商品タイトルや説明文にキーワードを含めることで、検索結果に表示されやすくなります。

参考メルカリ・ラクマで爆売れする説明文の書き方!5つのキーワード活用で商品を見つけやすく!

ハッシュタグを活用する

ハッシュタグを活用することもおすすめです。商品に関連するキーワードをハッシュタグとして設定することで、検索したユーザーが商品を見つけやすくなります。これらの要素を意識して出品することで、売れる可能性が高まります。

参考メルカリ・ラクマの効果的なハッシュタグ「#」の使い方4選と注意点を解説!

メルカリコラムを参考にする

メルカリではメルカリ自身が運営するコラムがあります。その「メルカリコラム」が推奨する時間帯を参考としてまとめると以下の通りとなります。

主婦向けの商品を出品する場合

9時〜16時がおすすめです。この時間帯は、家事や育児に追われる主婦層がスマホをチェックする時間帯となっています。

社会人向けの商品を出品する場合

通勤時間帯や夜が効果的です。特に、帰宅後の20時から0時にかけての時間帯は、多くの社会人がスマホを利用するため、商品が売れやすくなります。

学生向けの商品を出品する場合

夕方〜夜が良いでしょう。学校が終わる16時〜19時や、寝る前の21時〜23時が、学生がスマホを利用する時間帯として挙げられます。

また、出品する商品の季節やイベントに合わせて出品することも重要です。例えば、衣類やイベントに関する商品は、季節本番の少し前に出品すると売れやすくなります。

全体的にお勧めの時間帯

最もおすすめの時間帯は18時〜22時であり、商品によって出品する時間帯を調整することで、売れる確率を高めることができます。

リラックスしてショッピングを楽しむ時間

そこで、筆者のメルカリ・ラクマ出品時間のお勧めは夜22時以降です。先にご紹介したコラムを見て出品をされている方々の後であったり、またこの時間帯は、多くの人が家に帰ってリラックスし、スマホでショッピングを楽しむための時間帯です。このため、夜遅くに出品することで、購入につながりやすくなります。ただし、もちろん先に記載の通り、商品によってはターゲット層が異なるため、出品する時間帯を工夫する必要があります。

例えば、主婦層をターゲットにした商品であれば、やはり午前中の出品が効果的です。理由は、主婦層は家事や育児に追われる中で、夜遅い時間よりは午前中にスマホをチェックすることが多いため、この時間帯に出品することで反応が高まります。

一方で、朝早くに出勤する方向けの商品であれあば、同様に通勤時間帯に出品するのがおすすめです。私もそうでしたが、仕事に向かう電車の中でスマホを利用する人が多く、このタイミングでの出品が効果的ですよね。

まとめ

メルカリ・ラクマでの出品の成功には、適切なタイミングの選択が欠かせません。売れやすい時間帯を見極め、戦略的に出品することで、売上の向上が期待できます。夜22時以降や午前中、通勤時間帯など、商品に応じた最適な出品タイミングを把握し、活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました