メルカリ出品の注意点!他人の説明文コピペでトラブル回避のポイント

売る

メルカリやラクマなどのフリマアプリでは、出品者が商品の説明文を自分で作成することが一般的です。しかし、最近メルカリで導入された「他人の説明文コピペ」機能により、出品者が他のユーザーの説明文を簡単にコピーして利用できるようになりました。この新機能には賛否両論あり、便利だと感じる人もいれば、著作権や誤用の問題が懸念される声もあります。

コピペした際に起こりうるトラブル例

以下は、他の出品者の商品説明をコピペした際に起こりうる具体的なトラブルの例です。

商品の使用感

例えば、ある出品者が自分の出品物の状態を「ほぼ新品」としている場合、その説明文をコピーして自分の出品物を出品したとします。しかし、実際の商品は使用感があり、程度の違いはあれど「ほぼ新品」とは言えない状態だったとします。購入者は商品を受け取った際、商品の状態が説明文と異なることに不満を抱き、トラブルに発展します。

商品のサイズやカラー

また、説明文の中に記載されているサイズやカラーが実際の商品と異なっている場合も問題が生じます。例えば、コピーした説明文には「サイズ:M」と記載されていたが、実際の商品はSサイズだったとします。この場合、購入者は自分の希望と異なる商品を受け取り、不満を抱く可能性があります。

商品の付属品や特徴

さらに、付属品や特徴、詳細などの項目においても、コピーした説明文と実際の商品との間に違いがある場合、購入者が期待していたものと異なる商品を受け取り、トラブルになる可能性があります。

これらの例からもわかるように、他の出品者の商品説明をコピペした際には、自分の出品物との整合性を確認することが重要です。適切な情報提供と説明文の正確性を確保することで、トラブルを未然に防ぐことができます。

説明文コピペ機能について

新しい機能が導入されたことで、説明文の作成が容易になったとはいえ、利用者が注意すべき点もあります。コピペした説明文が、自分の出品物と一部異なっている場合があります。例えば、商品の状態や付属品、使用感などが異なる場合、説明文が適切でなくなります。その結果、商品が想像と異なるというトラブルが生じる可能性があります。

つまり、出品者は自らの商品に関する正確な情報を提供する責任があります。説明文をコピーする際は、その内容が自分の出品物に適切かどうかを十分に確認しましょう。商品の状態や仕様、付属品などを確認し、必要に応じて説明文を編集してください。

また、他の出品者の説明文をコピーして利用する場合は、著作権の問題にも注意が必要です。無断で他人の説明文を使用することは避け、自らの出品物に関する情報を正確に記載するよう心がけましょう。

参考:メルカリの著作権について

参考:ラクマの著作権について

商品の内容をコピーして出品する方法

以下は、商品の内容をコピーして出品する方法を順序立てて説明したものです。

「商品の内容をコピーして出品する」をタップ

出品したい商品の画面で、「商品の内容をコピーして出品する」というボタンが表示されます。これをタップします。

確認画面で内容をチェックする

確認画面では、コピーされる内容をチェックします。商品名、カテゴリー、商品説明などがコピーされることを確認します。

コピーした説明文の編集

出品する商品の説明と、コピーした説明文とで異なる部分がある場合は、手動で編集します。特に商品の状態や付属品、詳細などについては正確に記載します。

商品の写真撮影

メルカリでは1枚以上の実物の写真を掲載する必要があります。転載画像のみの掲載は違反です。出品する商品の写真を自分で撮影しましょう。

商品の状態や配送の方法の選択

「商品の状態」や「配送の方法」「発送元の地域」などは、コピーされない場合があります。これらの情報は自分で選択して設定します。

販売価格の設定

商品の販売価格も自分で設定します。コピー元の商品価格を参考にすることもできますが、適切な価格設定を行います。

出品を完了する

全ての情報を入力し、出品の準備が整ったら、「出品する」などの適切なボタンをタップして出品を完了します。

商品内容コピー時の注意点

1つの商品につきコピーできるのは1回のみです。もう一度コピーをしようとして。繰り返し同商品の画面で「商品の内容をコピーして出品する」ボタンを押すと、画面のような表示となりますのでご注意ください。

以上の手順に従って、商品の内容をコピーして出品することができます。ただし、重要な情報や正確な状態を記載することで、トラブルを未然に防ぐことが大切です。

商品別のテンプレートについて

次にご紹介するのは、メルカリやラクマなどのフリマアプリで、出品者がテンプレートを使用して商品の説明文を自分で作成する方法です。次のような商品別のテンプレートを使用して、商品説明を書くことが出来ます。また、商品の種類やカテゴリーによって微調整をして使用することができます。

商品別テンプレート:衣類(例:Tシャツ)

【1. 商品名】 [商品名を入力]

【2. ブランド】 [ブランド名を入力]

【3. サイズ】 [サイズを入力]

【4. 状態】 [状態を入力:新品、未使用、ほぼ新品、使用感ありなど]

【5. 素材】 [素材を入力]

【6. カラー】 [カラーを入力]

【7. 商品の特徴】

[特徴1を入力]

[特徴2を入力]

[特徴3を入力] (以下、必要に応じて追加)

【8. 商品の詳細】 [詳細を入力]

【9. 付属品】 [付属品がある場合は記載]

【10. 注意事項】

[注意事項1を入力]

[注意事項2を入力]

[注意事項3を入力] (以下、必要に応じて追加)

【11. 送料・配送について】 [送料や配送方法、発送までの日数などを入力]

【12. 返品・交換について】 [返品や交換の条件や手続きなどを入力]

【13. その他】 [その他、特記事項や情報を入力]


このように、商品の種類やカテゴリーに応じて適切な項目を選択し、具体的な情報を埋めていくことで、わかりやすく詳細な商品説明を作成することができます。

参考:商品別のテンプレート例

まとめ

フリマアプリでの出品において、他の出品者の説明文をコピーして利用する際は注意が必要です。説明文が適切でない場合、トラブルの原因となる可能性があります。正確な情報提供と著作権の尊重を心がけ、安心してフリマアプリを利用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました