メルカリ・ラクマ の値下げ交渉成立後でも先に購入した人が優先?を解説

売る

メルカリやラクマなどのフリマアプリでは、商品の値下げ交渉が一般的ですが、その後の取引で先に購入ボタンを押したユーザーが優先されるというルールがあります。しかし、この取引の流れに関するポリシーやベストプラクティスはユーザーによって異なり、混乱を招くことがあります。

この記事では、値下げ交渉が成立した後に他のユーザーが即座に購入ボタンを押す場合、どのように対応すべきかについて詳しく探ります。

値下げ交渉後の取引事例

  • コメントでの値下げ交渉
    • ユーザーから値下げを希望するコメントが届く。
  • 了承と回答
    • 出品者が値下げに同意し、コメントで「了承しました。こちらからご購入ください。」と返信。
  • ユーザーの反応がない
    • 値下げに同意したにもかかわらず、ユーザーからの返信がないまま経過。
  • 別のユーザーが即購入
    • 別のユーザーが即座に購入ボタンを押して商品を購入。
  • 専用出品していない
    • 出品者は専用の取引ページを作成せず、通常の商品ページのまま。
  • 悩みと罪悪感
    • 出品者は悪いことはしていないと思いつつも、専用ページを作成しなかったことやユーザーとのコミュニケーションに対する罪悪感を感じている。

状況の解説

値下げ交渉成立後、即座に購入ボタンを押すユーザーとの関わり方は、フリマアプリの取引において常に議論の的です。メルカリやラクマでは、基本的に先に購入ボタンを押したユーザーが商品の購入権を獲得します。これは、取引を円滑に進めるための一般的な原則です。

しかし、専用の取引ページを作成せずにコメントだけで値下げ交渉を進めた場合、他のユーザーが即座に購入ボタンを押してくることがあります。こういった状況において、どのユーザーとの取引を優先するべきかは、サイトのポリシーにはっきりとした明記がないため、利用者にとっては戸惑いが生じることもあります。

「専用ページ」の暗黙の了解と横取りリスク

フリマアプリでの値下げ交渉後、商品を「専用出品」にすることがありますが、「○○様専用」と書いても公式ルールではなく、他のユーザーが購入する可能性があります。これが横取りと呼ばれ、一部ユーザーにとってはマナー違反と受け取られることがあります。以下に、専用出品の暗黙の了解と横取りへの対応法をまとめます。

専用出品の暗黙の了解

専用出品は値下げ交渉後の一般的な手続きですが、公式ルールではありません。商品名や画像に「○○様専用」と書くことで他のユーザーにメッセージを伝えるものの、守られるかどうかはユーザーのマナーや考え方に依存します。

横取りのリスク

別のユーザーが即座に購入ボタンを押し、専用出品を無視して商品を購入することがあります。これが横取りと呼ばれる問題で、一部のユーザーには不快に感じられることがあります。

基本的なルールと対応法

メルカリなどのフリマアプリでは、専用出品後であっても他のユーザーが購入した場合、出品者はそのまま購入者との取引を進めるように促されています。取引をキャンセルする必要はありません

横取りに対する怖れへの対処法

横取りの可能性に怯えず、基本的な取引ルールに従って取引を進めることが大切です。横取りによるトラブルは稀であり、メルカリの公式ルールに基づいて対応することで円滑な取引が期待できます。

専用出品後に他のユーザーが商品を購入してしまっても、基本的なルールに則り、冷静に取引を進めましょう。怖れや罪悪感を感じることはあるかもしれませんが、公式な取引ポリシーに基づいた対応が最も安定した結果を生むことでしょう。また、取り置きをしない方が良い理由についても参考に目を通しておきましょう!

メルカリ・ラクマで取り置きはしない方が良い理由(ワケ)を事例を挙げて解説します!
メルカリやラクマで商品を取り置いた際に起こトラブル事例をもとに、お勧めしない理由をご紹介しています。問題が発生した際は、自己責任での対処が必要で事務局に相談しても解決がなされない場合もあります。本文に記載のお断り用の例文もご参考ください。

まとめ

値下げ交渉成立後のメルカリやラクマの取引において、先に購入ボタンを押したユーザーが優先されるという原則がありますが、その具体的な取り決めは一貫していません。

仮に専用出品後に他のユーザーが商品を購入してしまった場合、取引をキャンセルせずにそのまま進めることがフリマアプリの基本的なルールです。横取りされた場合、出品者が怒られたり嫌がらせを受けることは稀であり、トラブルが発生する可能性は限定的です。横取りの怖れに怯えず、メルカリの基本的な取引ルールに従い、円滑な取引を心掛けることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました