メルカリ・ラクマでの発送遅延要望の理由と参考例文付き対応方法をご紹介!

売る

オンラインの取引プラットフォームであるメルカリやラクマにおいて、購入者からの発送遅延のお願いは日常茶飯事です。しかし、このような状況に適切に対処することは、円滑な取引を進めるためには欠かせません。以下では、購入者からの発送遅延のお願いに対する効果的な対処方法と、その理由、更に適切な返信例をまとめてご紹介いたします。

メルカリ・ラクマ購入者の発送遅らせる理由

オンラインのフリマアプリでの取引において、購入者が発送を遅らせたい理由は様々です。以下にいくつかの理由を挙げてみましょう。

1. 長期間受け取りできないため: 購入者が一時的な旅行や出張、長期間の留守宅などで、商品を受け取ることができない場合があります。そのため、発送を遅らせて受け取り可能なタイミングに合わせようとすることがあります。

2. プレゼントの日程変更: 購入者が商品をプレゼントとして使用する場合、受け取る日程が予定変更になることがあります。そのため、特定の日付まで発送を遅らせることで、プレゼントのサプライズ効果を狙うことがあります。

3. 引越しや転居準備: 購入者が引越しや転居の準備中である場合、一時的に受け取り先が変わることがあります。その際、新しい住所に届くよう発送を遅らせることがあります。

4. イベントや旅行への持参: 購入者が特定のイベントや旅行の際に商品を持参したい場合、その日程に合わせて発送を遅らせることで、商品を手元に持っていけるよう調整することがあります。

5. 集荷が難しい場合: 購入者が定期的な外出や仕事で家にいない場合、宅配業者の集荷が難しいことがあります。そのため、受け取りが可能な日に合わせて発送を遅らせることで、受け取りの手間を減らすことができます。

これらの理由から、購入者が発送を遅らせたいケースが生じることがあります。出品者としては、柔軟な対応を心掛け、双方が納得できる解決策を模索することが大切です。

発送遅延がもたらす影響と、メルカリ・ラクマ出品者にかかるリスク

発送遅延がもたらす影響と、出品者にかかるリスクについて理解しておきましょう。

発送までの日数=締め切り

メルカリ・ラクマのガイドの記載では、全ての商品には「発送までの日数」が設定されています。これは、出品者が商品を発送する締め切りを示しており、この期間を超えると契約違反となり、警告が発生する可能性があります。

例えば、4〜7日の発送までの日数が設定されている場合、「受取が〇〇日になってしまいます。」という受取日が、ご購入後7日目以内であれば問題なく対応できる範囲です。しかしながら、受取日が8日を過ぎてしまう依頼は、出品者の締め切りを超える結果となります。

利用制限になる可能性

発送までの日数を過ぎた場合、メルカリ・ラクマ事務局からは取引進行を促す警告が送られます。最悪の場合、出品者には24時間の利用制限などのペナルティが課せられることも考えられます。

もちろん、過去に無罪の出品者が1回の発送遅延で制限を受けることはまずありません。ただし、その可能性がゼロであるわけではありません。このような制限が生じることで、出品者としての取引に支障が生じる可能性があることを、事前に理解しておきましょう。

メルカリ・ラクマでの対処方法のポイント

要望の理解と柔軟な対応

購入者からの発送遅延のお願いには、上記に挙げたような仕事や旅行など様々な理由が考えられます。まずは購入者の要望を丁寧に聞き、その理由を理解することが大切です。場合によっては、適切な対応を検討しましょう。

出品者の締め切りを説明

出品者の発送期限が過ぎると、取引に関する問題や制限が生じる可能性があります。この点を踏まえた上で、適切な理解を促すことも重要です。

メルカリ・ラクマでの購入者への返信例

以下に、購入者からの発送遅延のお願いに対する返信例をまとめました。

要望への理解を示す場合

返信例1: ○○様、コメントいただきありがとうございます。ご質問いただいた件について、お値引きに関しては後ほどご対応させていただきますが、商品の取り置きについては申し訳ございませんが行なっておりません。商品をご購入いただけるタイミングで、迅速に発送させていただきますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。どうぞよろしくお願いいたします。

返信例2: ○○さま、コメントいただきありがとうございます。お問い合わせいただいた件について、お値引きについては後日ご案内させていただきます。ただし、商品の取り置きは誠に申し訳ございませんが承っておりません。ご購入いただける際には、速やかに発送手続きを行いますので、どうぞご了承ください。何かご不明点やご質問がございましたら、遠慮なくお知らせください。よろしくお願い申し上げます。

発送期限のリスクを説明する場合

返信例3: ○○さま、コメントありがとうございます。お値引きにつきましては、ご希望にお応えすることを心より願っております。しかしながら、取り置きに関しましては誠に申し訳ございませんが、お受けすることが難しい状況となっております。ご購入いただく際には、できる限り早く発送手続きを行わせていただきます。なお、出品者の締め切りを超えた取り置きに関しては、お考えいただく上でご理解いただければ幸いです。何かご質問がございましたら、どうぞお気軽にお知らせください。よろしくお願い申し上げます。

返信例4:○○さま、コメントいただきありがとうございます。お値引きのご要望にはお応えさせていただきますが、出品者の発送期限を超えての取り置きは、実際には発送遅延として取り扱われることがあり、そのために利用制限等が発生発生する可能性がございます。購入者さまにも安心してお取引いただけるよう、ご購入の際には商品の発送はできる限り迅速に行うよう努めております。どうかご理解いただけますと幸いです。お手数をおかけいたしますが、どうぞご検討いただき、何かご質問がございましたら遠慮なくお知らせください。よろしくお願い申し上げます。

まとめ

購入者からの発送遅延のお願いは、メルカリやラクマ などのオンラインショッピングにおいてよくある状況です。出品者としては、適切な対処方法を心得、購入者の理由を理解することが大切です。こちらでは、購入者からの発送遅延のお願いに対する対処方法や理由、そして購入者への返信例を詳しく解説いたしました。

購入者からの発送遅延のお願いに対処する際には、購入者の理由を尊重し、適切な対応を心がけましょう。また同時に、出品者の発送期限を超えることによるリスクも説明し、円滑な取引を実現するための努力を怠らないようにしましょう。適切なコミュニケーションと理解が、トラブルを避ける鍵となります。

ご紹介した対応方法が少しでもお役に立てば幸いです。また、メルカリやラクマ以外での販売方法もご紹介しています。よろしければ一度市場価格を調べる参考にご利用してみて下さい。

ネットで市場価格を調べるならコチラ!

タイトルとURLをコピーしました