「メルカリ」「ラクマ」「PayPayフリマ」の比較!手数料や現金化方法を解説!

売る

各フリマアプリの特徴をつかんで使い分けてみよう

PayPayフリマ・ラクマ ・メルカリの手数料を比べてみよう!

販売にかかる手数料を比較してみると、メルカリ、ラクマ 、PayPayフリマの順番となります。1商品だけを考えると大した差は感じないことが多いのですが、例えば月に10,000円を平均して販売されていると、年間に10パーセントの販売手数料の場合12,000円分の手数料がかかります。

アプリ名

販売手数料

振込手数料

PayPayフリマ

販売価格の5%

100

ラクマ

販売価格の4.510%+消費税

210

メルカリ

販売価格の10%

200

PayPay銀行なら振込手数料無料、ラクマ は1万円以上の申請かつ楽天銀行なら無料

※ラクマ の販売手数料は前月の販売実績により変化

フリマアプリの使い分け方法

メルカリより、ラクマ、PayPayフリマのそれぞれ販売されやすい商品から選択して販売する、商品選択販売方法もあります。

  • メルカリのお勧めグッズ

  • (オールマイティー)
    • ファッションアイテム:洋服、アクセサリー、シューズなどが人気です。
    • 家電製品:中古の家電製品やゲーム機なども取引されています。
    • ホビー・コレクターズアイテム:トレカやフィギュアなど、趣味に関する商品が人気です。
  • ラクマのお勧めグッズ

  • (美顔・コスメ系)
    • 化粧品・スキンケア:新品未使用品や限定品が特に注目されています。
    • 美容家電:美顔器やヘアケアアイテムが取引されています。
    • メイクアップツール:ブラシやパフなどのアクセサリーが人気です。
  • PayPayフリマのお勧めグッズ

  • (ガジェット系)
    • スマートフォン・タブレット:新しいモデルや中古品が頻繁に出品されています。
    • ガジェット・アクセサリー:ヘッドフォン、スマートウォッチ、充電器などが取引されています。
    • カメラ・写真機材:カメラやレンズ、アクションカメラなどが人気です。

これらは一般的な傾向であります。個々の商品の需要や人気は日々変動しますますので、販売する際には、一度同じカテゴリの商品の相場や需要を確認することが重要です。

フリマアプリの特徴

「メルカリ」「ラクマ」「PayPayフリマ」は、日本の主要なフリマーケットアプリで、それぞれ異なる特徴を持っています。

  • メルカリの特徴

    • 特徴: 幅広いジャンルで取引が行われており、ユーザー数が非常に多い。使いやすさや品ぞろえがあり、平均的に商品が売りやすい印象。
    • ポイント: メルペイを利用することで、NTTドコモのdカードポイントが還元される。
  • ラクマの特徴

    • 特徴: 楽天グループが運営しており、元は女性向けアプリ「フリル」から生まれた。楽天ユーザーが中心で、女性向け商品に強い反応がある。
    • ポイント: 楽天カードを利用することで、楽天ポイントが還元される。
  • PayPayフリマの特徴

    • 特徴: ヤフーが運営し、「ヤフオク!」と連動している。2019年にサービス開始。後発ながら、ガジェット系の商品に強い印象があり、動画での商品紹介や値下げ交渉がシステマティックに行われる。
    • ポイント: 特に記事からはポイントに関する情報は記載がありませんが、PayPay関連のポイントサービスが利用できる可能性があります。

これらのアプリは、ユーザーの好みや取引したい商品によって選択が異なります。使い勝手や特定のジャンルへの特化、ポイントサービスなどが、ユーザーにとって重要な選択基準となるでしょう。

メルカリ、ラクマ 、PayPayフリマでの同時出品について

複数のフリマアプリを利用して同時に商品を出品する際は、2重出品に関するルールに留意することが重要です。以下に、各アプリのルールについて簡単に説明します。

  • メルカリのルール

    • ルール: メルカリでは公式に2重出品が禁じられています。同じ商品を他のフリマアプリなどで同時に出品することは避けるべきです。売れた場合、速やかに他のプラットフォームでの出品を取り下げるか、メルカリの取引をキャンセルする必要があります。
    • メルカリの不適切と判断される行為
  • ラクマのルール

    • ルール: ラクマの公式ルールに直接「2重出品禁止」とは明記されていないようですが、同様の方針が取られている可能性があります。商品が他のフリマアプリなどで同時に売れてしまった場合、問題が生じる可能性があります。ユーザーガイドや利用規約を確認し、ルールに従うよう心がけましょう。
    • ラクマ 禁止行為リスト
  • PayPayフリマのルール

    • ルール: ヤフーが運営するPayPayフリマも、公式ルールで2重出品が禁じられています。商品が同時に他のプラットフォームで売れてしまった場合、速やかにキャンセルや取下げの対応が必要です。
    • 出品者の禁止行為

各アプリは異なる取引ポリシーを持っているため、ルールを守ることが信頼性を保つために重要です。同時に出品する際は、在庫管理や即時対応が求められるため、慎重に取引を行うことが良いでしょう。詳しくは、コチラの記事をご参考ください。

メルカリとラクマの同時出品は違反か否かを解説!!

売り上げ金の使い道

「メルカリ」「ラクマ」「PayPayフリマ」は、発生した売上金の利用の仕方について、それぞれ異なる特徴や手数料などの発生があります。

  • メルカリの売上金

    • 売り上げはポイントとして加算され、メルカリ内での買い物やメルペイ、iDの加盟店での支払いに利用可能。
    • 手数料200円を支払うことで現金化が可能。小額のポイントはコンビニや飲食店での支払いに利用。
  • ラクマの売上金

    • 売り上げは「楽天キャッシュ」に蓄積され、楽天内での買い物や楽天ペイを使った支払いに利用可能。
    • 現金として受け取る場合、楽天銀行口座に出金すると10,000円以上で手数料無料。
  • PayPayフリマの売上金

    • 売り上げを現金で受け取る際の手数料が100円で最も安い。PayPay銀行口座に出金する場合は手数料無料。
    • 売り上げはPayPayにチャージして利用することも可能。PayPayはリアル店舗の支払いにも利用できる。

それぞれのアプリは、売り上げの「経済圏」によって使い道が異なり、手数料や利用できるサービスも違います。例えば、楽天ユーザーであればラクマが便利で、PayPayユーザーであればPayPayフリマがリーズナブルといえます。出品者はこれらの特徴を理解し、自身の利用スタイルに合ったアプリを選択することが重要です。また、キャンペーン期間を狙って出品することで、購入希望者にポイント還元の魅力を提供しやすくなります。

まとめ

この記事では、「メルカリ」「ラクマ」「PayPayフリマ」の3つのフリマアプリを詳しく比較しました。各アプリの手数料や現金化方法に焦点を当て、利用者がより効果的に取引を行えるように解説しました。

総合的に見て、各アプリにはそれぞれ固有の特徴が存在します。あなたは自身のニーズや利用スタイルに合わせて、最適なフリマアプリを選択できます。最初の一歩は難しいかもしれませんが、本記事を参考にしてぜひトライしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました